切断をテーマに80年〜  「切る」ことの専門家集団
〒618-0071
京都府乙訓郡
大山崎町龍光14−1
TEL:075-957-8181
FAX:075-957-6390
 

ここでは、皆様から今まで頂いた質問・疑問点を掲載しています。

 

 

QUESTION

ANSER

切断材が硬くてメタルソーでは切断できない

湿式揺砥石なら焼きが入ることなく切断できます

切断面が大きくて途中で砥石を挟み込んでストップする

揺動切断方式(SOC型)なら最後まで切断できます

材料がハイス材の為、硬くて切断できない

GC砥石を使用すれば切断できます

材料がガラスやセラミックの場合何で切断したらよいのか

ダイヤモンド砥石(ダイヤ・ストーネ)で切断できます

材料が超硬の場合は何で切断しますか

ダイヤモンド砥石(ダイヤ・ストーネ)で切断します

材料がφ100 mm と大きく砥石で切っても焼きが入る

モーターを1クラス大きくして超高速の砥石で速く切断すれば焼きは入りません

砥石切断で断面にクラックが入ってしまう

材料側にたっぷり水をかけ軟らかい砥石で切断します

断面積が大きく切断時間が掛かり人的負担が大きい

手動式切断機から自動式切断機の更新をお勧めします

材料が硬いときは、砥石も硬いものを使うのですか

材料が硬いときは、軟らかい砥石を使います。砥石は磨耗して目立てしながら材料を切っていきます。

10

乾式切断で焼きが入るときはゆっくり切ったほうがよいのですか。

速く切ればヤケは少なくなります。切断機の馬力が小さい場合は、砥石を軟らかくする必要があります。

11

テストピースからスライス片を切り出したい

バイス横スライド付きタイプの切断機を使えばスライス片が取れます

12

丸棒やパイプの切断ラインを検討している

NIPPLAなら切断機・前後搬送装置・面取り装置まで一式で設計製作できます


Copyright(C)2005 NIPPLA TRADING CO.,LTD